2020/09/03

無財の七施(むざいのしちせ)とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -

無財の七施(無畏施)とは布施行の一つで、財産がなくても、人に悦びを与える(布施)ことはできるという七つの行いです。

1,眼施(げんせ)

優しく温かいまなざしで周囲の人々の心を明るくするように努めること

2,和顔悦色施(わげんえっしょくせ)

優しい笑顔で人に接すること

3,言辞施(ごんじせ)

優しい言葉をかけるように努めること

4,身施(しんせ)

肉体を使って人のため社会のために無料奉仕すること

5,心施(しんせ)

心から感謝の言葉を述べるようにすること

6,床座施(しょうざせ)

場所や席を譲り合う親切のこと

7,房舎施(ぼうしゃせ)

求める人や尋ねて来る人があれば一宿一飯の施しを与えその労をねぎらう親切のこと

以上七つです。

普段の生活にて、この無財の七施を行っていけば自身と他者の心の安らぎを生み出せるのではないでしょうか。

またこれらの行いこそが日々の「徳を積む」ことではないでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 浄土真宗 慈徳山 得藏寺 , 2020 All Rights Reserved.