慈徳山 得蔵寺の由来・概要

得蔵寺の建立については不明であるが。

現存する資料によると、文明4年(1473)11月27日、真言宗太藏院五代目僧慈徳、阿岸本誓寺の住職の勧奨により、越前吉崎に於いて本願寺蓮如聖人の化導を受け、法名を見順と改て浄土真宗に帰依し、今に至る。

当寺に安置する聖徳太子(厩戸皇子)の像は、古く石田三成の守仏なり。

三成の甥、石田佐兵衛はこれを当寺に託し、山林(城見山)に入りて自刃する。

現今、城ケ山と称する所の遺址であります。

又、当寺の本堂の天井に描ける龍の絵は、画人狩野派「泉龍嶂」晩年の筆という。

※ウィキペディア「得蔵寺(輪島市)」2018年5月1日 (火) 09:55 のmaniabassetによる投稿は、このWebページの作成者によるものです。

概要

寺号 宗教法人 得藏寺(単立)
開山 文明4年(1473)以前
宗名 浄土真宗
宗祖 親鸞聖人
ご誕生 一一七三年五月二十一日(承安三年四月一日)
ご往生 一二六三年一月十六日(弘長二年十一月二十八日)
本尊 阿弥陀如来
宗旨 南無阿弥陀仏
代表役員 愛葉宣明
連絡先 info@tokuzoji.or.jp

 

石田三成の「聖徳太子(厩戸皇子)木像」とは?

関ヶ原の合戦で敗れた石田三成がしっかりと抱え逃げたと言われる聖徳太子木造。 あれから400年以上も世に知られていなかった訳とは?

理由はこちらをご覧ください。


仏陀倶楽部のご案内

得藏寺が運営する「仏陀倶楽部」は、仏教を広めることを目的として以下の活動を行っています。

  • 誰でもが得度し、僧侶になれる機会の提供
  • 個人が仏教を身近に学び、合理的に自分ごとにして活かす機会
  • 宗派を問わず全国の空き寺の保全や修復、及び僧侶の支援

日々の生活や仕事、人間関係で感じる悩みや不安を改善する方法を学びましょう。

今の時代に合わせて問題の「原因」を理解し、人生を改善する為の「モノの見方や考え方」を学ぶことにより問題解決へのたしかな「方法」を実践することで、現実を変えていくことを大切にしています。

仏教の合理的な方法が、必ず役に立つと思います。

性別問わず、誰でもお坊さんになれる道を用意しています。
誰も置き去りにしない、差別のない世界。
仏教の教えを自分のモノにしていきましょう。

人生を変えるのに修行はいらない

日々の暮らしを「生きる」事それこそが修行
得度し、僧侶としての生き方をあなたの人生に加えることで
「生きる意味」を見つけることができるでしょう

「得度への道」詳細はこちら

得度
>〜仏陀倶楽部のご案内〜

〜仏陀倶楽部のご案内〜

仏陀倶楽部は仏教を広めることを目的として、以下の活動を行っています。 個人が仏教を身近に学び、合理的に自分ごとにして活かす機会 宗派を問わず全国の空き寺の保全や修復、及び僧侶の支援 仏陀倶楽部 登録寺院の保全や修復 日々の生活や仕事、人間関係で感じる悩みや不安を改善する方法を学びましょう。

CTR IMG