親鸞聖人の言葉

「悪性さらにやめがたし こころは蛇蝎のごとくなり 修善も雑毒なるゆゑに 虚仮の行とぞなづけたる」親鸞聖人の言葉親鸞聖人の言葉

「悪性さらにやめがたし こころは蛇蝎のごとくなり 修善も雑毒なるゆゑに 虚仮の行とぞなづけたる」親鸞聖人の言葉

悪性(あくしょう)さらにやめがたし こころは蛇蝎(じゃかつ)のごとくなり 修善(しゅぜん)も雑毒(ぞうどく)なるゆゑに 虚仮(こけ)の行とぞなづけたる 親鸞聖人の言葉の直訳と解釈 この言葉に込められた意味の直訳 親鸞聖人...

『本願力にあいぬれば むなしくすぐるひとぞなき 功徳の宝海みちみちて 煩悩の濁水へだてなし』親鸞聖人のお言葉親鸞聖人の言葉

『本願力にあいぬれば むなしくすぐるひとぞなき 功徳の宝海みちみちて 煩悩の濁水へだてなし』親鸞聖人のお言葉

ほんがんりきにあいぬれば むなしくすぐるひとぞなき こうとくのほうかいみちみちて ぼんのうのだくすいへだてなし この言葉は親鸞聖人の教えに由来するものと思われます。親鸞聖人は浄土真宗の創始者であり、その教えは「本願力」ま...

愚禿とは親鸞聖人の言葉

賢者の信は、内は賢にして外は愚なり、愚禿(ぐとく)が心は、内は愚にして外は賢なり:親鸞聖人の言葉を解説

仏教における賢者と愚禿(ぐとく)の概念紹介 仏教において、「賢者」とは、真理や教えを深く理解し、その知識や悟りを持っている人を指す言葉です。彼らは内面的には真理を掴んでいるが、外見上はそれを隠すことが多いとされています。...

親鸞聖人の言葉親鸞聖人の言葉

罪業もとよりかたちなし 妄想顛倒のなせるなり 心性もとよりきよけれど この世はまことのひとぞなき:親鸞聖人の言葉を解説

罪業(ざいぎょう)もとよりかたちなし妄想顛倒(もうそうてんどう)のなせるなり心性(しんしょう)もとよりきよけれどこの世はまことのひとぞなき 罪とはもとよりかたちのあるものではなく、誤ったものの見方からつくられるのである。...

Translate »