「さるべき業縁(ごうえん)のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」親鸞聖人の言葉

さるべき業縁のもよおせば いかなるふるまいもすべし: 親鸞聖人の教えを深掘り
〜『歎異抄』第13章より〜

「しかるべき業縁(ごうえん)にうながされるならば、どんな行いもするであろう」という意

*業縁(ごうえん)
「業」とは私たちの生活行為のことで、身体的動作や言語活動や意思のはたらきをいいます。そして、それはすべて縁にしたがって起こっている。

親鸞聖人は、その弟子である唯円との深い対話の中で、次のような教えを伝えました。

「もし運命がそう導くならば、あらゆる行為に出るのも、人のさだめです」。

唯円が、聖人の教示に従うことを誓うと、聖人は試すように言いました。
「では、千人の命を奪うことを命じます」。

唯円は、「それは私にはできません」と応じた。

これに対し、親鸞聖人は「人を傷つけないのは、あなたが心清くあるからではないのです。状況が変われば、人は思わぬ行動に出ることもあるのです」と説きました。

この言葉は、因果と縁の法則を示し、我々の行動がいかに環境や状況に影響されるかを説くものです。

因果応報とは?人生を幸せに生きる秘訣を教えられた言葉

また、善悪の絶対的な基準ではなく、生きとし生けるものの行為が、時として流動的であることを示唆しています。
親鸞聖人のこの教えは、人間の内なる良心と外界の力との間の複雑な関係性を浮き彫りにしています。

*「さるべき業縁(ごうえん)のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」について、こちらでも解説されてるので参照ください。

言葉の意味とその考察

「さるべき業縁のもよおせば」という言葉の直訳とその含意

親鸞聖人の「さるべき業縁のもよおせば」という言葉は、直訳すると「適切な縁が生じたならば」となりますが、この表現は単なる状況の受け入れを超え、深い意味を内包しています。
ここでの「業縁」とは、因果関係や人生で遭遇するさまざまな状況を指し、個人の行いや運命に影響を与える外的要因を含んでいます

この言葉は、私たちが日々直面する様々な事象に対して、ただ流されるのではなく、それに応じて最適な行動を取るべきだと説いています。

つまり、「もよおす」とは、その縁に適応し、適切な行動を選択することを意味しており、親鸞聖人はそれが悟りへの道と教えています。この教えからは、受動的ではなく能動的に縁に対応する姿勢が求められていることが伺えます。

仏教の縁起(えんぎ)とは何か?

親鸞聖人の言葉を現代に生きる私たちの文脈に置き換えると、予期せぬ挑戦や困難が生じたとしても、それを乗り越えるための教訓として受け止め、前進する機会と捉えるべきであるというメッセージを読み取ることができます。この教えは、現代人が日常の困難に立ち向かう際の心の支えとなり、内面的な強さを育む源泉ともなるのです。

「いかなるふるまいもすべし」の解釈と現代的な意味づけ

「いかなるふるまいもすべし」という親鸞聖人の言葉は、その時々に応じた適切な行動をとるべきことを示唆しています。
この言葉は、絶対的な規範や一律の行動様式を超越し、個々の状況や業縁に即して柔軟に行動することの重要性を説いています。

現代社会におけるこの言葉の解釈は、社会的な役割や立場、状況の変化に応じて、適応的で柔軟な行動を取ることの価値を再認識させます。例えば、ビジネスの世界では、市場の変動に応じて戦略を変えることが求められるし、個人的な生活では、人間関係や健康などの面で状況に応じた適切な判断と行動が重要です。

この教えは、自己の固定観念に囚われず、常に環境や状況の変化を見極めながら、最も適した行動を選択するという現代的な意味づけをもたらします。それは、個人が自己と社会の間でバランスを取りながら、柔軟性と創造性をもって日々を生きるための指針とも言えるでしょう。親鸞聖人の示す「いかなるふるまいもすべし」は、現代人にとっても、自己実現と社会との調和を目指す上での重要な考え方と言えるのです。

この言葉を通じて伝えられる親鸞聖人の哲学と教え

親鸞聖人の言葉「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」は、その人が置かれている状況や与えられた役割に応じた行動を促す深遠な哲学を示しています。

親鸞聖人の教えにおいて、業縁とは過去から現在に至るまでの因果関係の連鎖を意味し、個人の行動や運命はこれらの縁によって大きく左右されるとされています。

この言葉に込められた哲学は、一面で決定論的な要素を含みながらも、他方で個人の自由意志を尊重し、状況に応じた柔軟な対応を求めるものです。親鸞聖人は、一個人が過去の業に縛られることなく、現在の状況に最も適した行動を選択することで、未来をより良い方向へ導くことができると教えています。

カルマとは!?

また、この教えは、自己中心的な行動を避け、他者との調和を重んじる姿勢も強調しています。さまざまな縁によって結ばれた社会の中で、相互依存の精神を持ち、利他的な行動をとることが、究極的には自己の救済にもつながるという視点を提供しています。

したがって、親鸞聖人の哲学は、個人がその時々の状況に適した行動をとることを通じて、より大きな社会的、宇宙的な調和の実現を目指すという深い教えを含んでいるのです。この思想は、今日の私たちにも多くの示唆を与え、自己と他者、さらには社会全体との関係性の中で最善の道を選択するための指針となります。

言葉の受容と現代への適用

この言葉が示す受容性と現代人が直面する「業縁(ごうえん)」

親鸞聖人の教え「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」は、現代人が日々直面する複雑で変わりゆく「業縁」に対する受容性を促します。
この言葉からは、生きとし生けるものが避けられない因果の網の中で、あらゆる事象を受け入れ、適応する姿勢が求められています。

現代社会において、「業縁」という概念は、個人的な経験のみならず、社会的、環境的、さらにはグローバルな規模での出来事としても理解されます。技術の進歩、環境変化、人間関係の動きなど、私たちの周囲には絶えず変化する要素が満ちており、それらすべてが「業縁」としての役割を担っています。

受容性とは、これらの変化をただ受け入れるだけではなく、それに対する適応性と積極的な対応を意味します。たとえば、職場での新たなプロジェクト、家族内の変動、社会的な動きなど、それぞれの状況は私たちに適切な反応と行動を求めます。

この教えに従えば、私たちは与えられた状況に最適な形で振る舞うことを学び、それによって自らの成長と周囲との調和を促進することができます。

親鸞聖人の言葉は、現代人にとって、変化に対する柔軟性と、自らの行動が将来に及ぼす影響を深く考察することの重要性を教えています。この思想は、個人が直面する「業縁」に対し、恐れず、逃げず、その中で最善の道を見出すための内省と知恵を提供するのです。

この言葉が持つ普遍性と個々人の生活への影響

親鸞聖人の言葉「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」を日常生活に取り入れることは、私たちが絶えず変動する環境に順応し、成長するための智慧を与えてくれます。

この教えは、予期せぬ出来事や困難に直面したとき、適応し前進する力を私たちに授けるものです。
たとえば、新しい職場での緊張、家庭での意見の相違、あるいは日々の生活の中で遭遇するさまざまな挑戦など、これらすべてが「業縁」として捉えられる瞬間です。

この言葉の普遍性は、どの文化や時代、個人にも適用可能であることにあります。生活の中でこの教えを考える時、私たちはまず、自身の心がけを振り返り、どのように状況に対応しているかを自問自答することが大切です。それは、困難に立ち向かう際の心の持ち方、課題に対する積極的なアプローチ、そして変化を恐れず受け入れる勇気の発揮を意味します。

個々人の生活において、この教えは日々の選択や決断に深い影響を及ぼします。例えば、自身の健康や仕事、人間関係において、常に変化と進化を受け入れる準備ができているか、そしてそれに対してどのように動き、反応し、適応するかが問われます。このようにして、私たちは各自の生活の中で「業縁」という経験を通じて学び、成長し、そして最も重要なこととして、それを通じて他者との調和を図りながら、より意義深い生を営むことができるのです。

Translate »