「明日ありと 思う心の あだ桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは」

親鸞聖人のお言葉「明日ありと 思う心の あだ桜 夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは」

浄土真宗の開祖、親鸞聖人は9歳で得度されます。

その際得度を頼んだ寺は、夜遅いからと延期しようと「時間も遅いし明日にしてはどうか」という言葉をかけた際に詠んだ歌です。

「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」

意:明日もまだ咲いていると思っている桜も、夜中に嵐が来て散ってしまうかもしれない。

「桜は明日見ればいいという心が仇になって、桜を見ることができないことがある。夜中に嵐が吹かないとどうして言えますか?」

「明日でいい」という思いから、その機会を逃してしまうということはよくあります。

先延ばしをすることで、想いの強さは薄れていきます。

また必ず明日があると思っていても、何が起こるかわからない世の中ではどうなるかわかりません。

今、このときが最も大切なのです。

南無阿弥陀仏

>〜仏陀倶楽部のご案内〜

〜仏陀倶楽部のご案内〜

仏陀倶楽部は仏教を広めることを目的として、以下の活動を行っています。 個人が仏教を身近に学び、合理的に自分ごとにして活かす機会 宗派を問わず全国の空き寺の保全や修復、及び僧侶の支援 仏陀倶楽部 登録寺院の保全や修復 日々の生活や仕事、人間関係で感じる悩みや不安を改善する方法を学びましょう。

CTR IMG